暮らしから生まれたもの.jpg


暮らしから生まれたもの


「対話のある暮らしから生まれるものを形に」

紡ぎ屋のコンセプトです。
この中での対話の意味は、問いを中心に置き、評価や解釈を加えずじっくりと眺めながら話し合うことです。
「どうして?」
「本当にそれは最良の道なのかな?」

相手の話をよく聴き、問いかけ合いながら
話を掘り下げていくと、様々な物事を多様な側面から見つめることができます。
見えてきた喜びや、ちょっとした違和感を「こうだったらいいな」という形にし、仕事にしています。

生まれた3つの仕事は、全てゆっくりと対話をすることから始めます。


紡ぎ屋用.jpg


聴き書き本作り

大切な方の物語を
一冊の本にまとめます。


旅.jpg


旅の企画

津屋崎の暮らしをあじわう旅を企画します。


結婚式.jpg


手作り結婚式コーディネート

津屋崎の氏神様、波折宮で挙げる
手作り結婚式をコーディネートします。