聴き書き はるな.jpg


聴き書き本作り


福岡県の海辺の小さな町、福津市津屋崎。
昔の町並みが残るこの町で
ある日空き家になっている古民家に上がらせてもらいました。

すると家主さんが塗りのお椀や紬を手に取り
「もう今は使わないからね」と
少し寂しそうに言葉をこぼしました。

その言葉を聞いた時
「利便性」という名の下に昔の丁寧な暮らしが消えていくことや
その現状を自分自身も作り出していることに気づき、悔しさを覚えました。

その時から私に今できることを考え
人が生きてきた歩みをゆっくりと聴き
依頼を受けた方の人生を一冊の本に仕上げる聴き書き本づくりを始めました。
この本を作ることで昔と今、今と未来を結んでいこうと思います。


3つの種類の本を作ります

◎菜の花  -節目を本に-
人生の転機となった出来事、転職、結婚等の節目のお話を10ページ程度の本にまとめます。

聴き取り:1回
出来上がるもの:10ページ程度の本1冊
料金:10万円~

◎福寿草 -お祝いに本を-
お話したい内容を3回に分けてお聞きし、40ページ程度の本にまとめます。
還暦、傘寿等のお祝いにどうぞ。

聴き取り:最低3回
出来上がるもの:40ページ程度の本3冊
料金:40万円~

◎蘭 -伝えたいことを本に-
お話をしたい内容を6回に分けてお聞きし、100ページ程度の本にまとめます。
社史や複数の方の語りを本にまとめたい方に。

聴き取り:最低6回
出来上がるもの:100ページ程度の本5冊
料金:100万円


■装丁
装丁の素材・色はお好みのものをお選びいただけます。

■料金に含まれるもの
・打ち合わせ、聴き取り、執筆、編集、製本、お渡しまで含めた費用です。
・料金はページ数とご希望の製本によって異なりますので、打ち合わせの際に決定します。
・取材先が遠方の場合、別途交通費をいただきます。

■ご依頼:メールメールアドレス.jpg
聴き書き本づくりを依頼される方は、
以下の用件を記入の上、上記メールアドレスまでお送り下さい。
①ご依頼者の名前
②住所と電話番号
③聴き書き本の利用について
(例)結婚○○周年の記念に、喜寿/傘寿/米寿のお祝いに

芹野たばこ屋.jpg

ちびと大峰さん.JPG

夕陽.JPG

聴き書き本ができるまで

①打ち合わせ
概要をご説明し、本にまとめたい内容をお聴きします。
※必ずお会いしてから、内容をお聴きし
お受けするか否かを決めさせていただきます。

②聴き取り・写真撮影
じっくりと話を聴くとともに、必要な場合は写真撮影も行います。
聴き取りの時間は1回につき約3~4時間とお見積もりください。

③作成・編集
聴き取りをもとに構成を決め、確認をしていただきます。
確認後、執筆作業に入ります。
作成期間は約1ヶ月とお見積もりください。
※部分的に追加取材等させていただくことがあります。

④校正
話をしたご本人やご家族により、校正をしていただきます。

⑤印刷・製本
校正を終えてから、印刷・製本作業に進みます。
最後の校正から約1ヶ月ほどかかります。
製本ができあがった後、ご希望の納品場所に直接お届けします。