津屋崎ブランチ出会えた人~新ノ居操さん~

バナー暮らす人々.jpg

児玉 麻紀さん

退屈している暇はない

 フルート奏者の児玉麻紀さんは16年前に福岡市から福津市に引っ越して来られました。「以前は、面白いものは都会にあると思っていた」という児玉さんは、現在の暮らしを「退屈している暇がないくらい楽しい」と表現します。

1267.jpg
児玉 麻紀(こだま まき)さん


音楽で距離がギュッと縮まる
 去年の秋、津屋崎千軒には「音楽散歩」という新しいイベントが生まれました。津屋崎千軒を舞台にした回遊展にたくさんの人が集まったことに驚いた児玉さんが、音楽を通してまちを回遊するイベントを思いついたのがキッカケです。その実行委員長を務めている児玉さんは、その役割を「言い出しっぺ」と呼びます。
 音楽散歩では、まち全体が会場になります。屋外・酒蔵・古民家などで聴く演奏は、コンサート会場で聴くのとは響きも雰囲気も全く違います。児玉さん自身もかつてお寺などで演奏をした経験がありますが、音楽散歩を通して改めてまち全体を会場にしてみることの面白さを感じています。






みんなで作っていく
 イベント当日は予想以上の人が集まり「いい企画ですね」や「いいところですね」などの声がかかります。その評価を、言い出した自分ではなく関わったみんなのものとして受け止められるのは、児玉さんが「音楽散歩は、お互いさまの気持ちを持ちながら、みんなで作っていくところが好き。」という気持ちでイベントを作っているからでしょう。

1921.jpg
音楽散歩実行委員会のミーティングの様子~夜の「藍の家」にて


まちのみんなの行事に
 今の音楽散歩はまだ、まちの人から見れば「何かしよんしゃーね」と認識されている程度。しかし、将来的には「まちの行事になれば」というのが児玉さんの思いです。今回で2回目の開催になる音楽散歩。今年の実行委員には一般公募で集まったメンバーも加わり、開催に向けて準備中です。こうして「言い出しっぺ」をキッカケに、イベントがどんどん、このまちの「みんなのもの」になっていっています。

 そして今年もまた、まちが音楽でおもてなしをする季節がやって来ます。


(取材:四ヶ所)


変換 ~ DSC_0900.jpg
桑野 由美さん

DSC_1358.JPG
山口 真紀さん

DSC_3090.JPG
谷川 市代さん

変換 ~ 井上くんUP.jpg
井上 進也さん 

変換 ~ キートス松本さん.jpg
松本 貴司さん

DSC_1255.jpg
中村 洋基さん一家

DSC_0691.JPG
マックティアー トラビスさん

F.JPG
松尾 由希恵さん

niinoisan.jpg
新ノ居 操さん

1267.jpg
児玉 麻紀さん