バナー家を活かす.jpg

汽笛が聞こえてくる家(福津市津屋崎)  入居者が決まりました

津屋崎漁港から徒歩20秒。
漁師町の一角に佇むこの家は、小さなお宮の向いにあり
ユーモアと優しさ溢れるご近所さんとのお付き合いも愉しめます。
この家に新しい息吹を吹き込む入居者を募集します。

RIMG2195_R.JPG

所在地
福津市宮司浜
家賃
入居者が決定しました。興味を持っていただいた方ありがとうございました。
1万円/月
必要な改修は入居者が行うことが条件です。
改修が必要な部分の調査と見積もりをしたところ、
①屋根瓦の吹き替え及び外壁の張替えを全て行うと約300万円
②ガス、上下水道の修復及び機器取替え工事で約200万円という見積が算出されています。
面積
庭面積:195㎡
述床面積:約60㎡(再計測中)
間取り
木造平屋
3畳板間、4畳半、6畳、
風呂、トイレ、台所、縁側、納戸
築年数
約60年 昭和26年築

■ハイセンスであり、ゆったりした時間が流れる宮司浜

宮地嶽神社からまっすぐ海へ伸びた参道の先が宮司の浜。夏は海水浴客で賑わい、海岸通りにはおしゃれなカフェやサーフショップが並ぶハイセンスなエリアです。またこの浜には別の顔があります。それは夕方。天気の良い日の夕方には何処からともなくまちの人が集まり、海に沈む夕陽を眺めて思い思いの時間を過ごす、ゆったりとした場所でもあります。
そんな宮司浜から5分も歩けば静かな住宅街です。住所は宮司浜、その環境の良さから昔からの住人も多い、猫があちこち散歩するまちです。

■人が集まる縁側がある家

この家はそんなまちに昔からある、庭付きの木造平屋建てです。庭には松、月桂樹、ビワや夏みかんが植えてあり、四季の移り変わりを感じることができます。特等席は、庭に面した縁側。昔は、近所のおじちゃんおばちゃんが集まる井戸端会議の場だったとか。腰掛けて松の木を眺めると、人が集まる理由が分る気がします。

ただ、問題はすぐに住める状態でないこと。
60年という月日のため、さらに10年以上空き家であったため雨漏りや床の軋みがあり、家の屋根や外壁、内装に改修が必要となっています。また現代的な生活を送るには、水まわりなど手を加える必要があるでしょう。

家主さんは現在福岡を離れていますが、家族が過ごしたこの家を残すことを希望されており、津屋崎ブランチに再活用の途を相談してくださいました。そこで私たちは家に残されていた家具の搬出や調査等、再生プロジェクトを進めてきました。入居者を募集する準備が整ったため、以下の方式で募集を開始します。

■募集:家賃月1万円で、必要な準備改修等しながら利用できる人。

家の専門家による調査をした結果、
①屋根瓦の吹き替え及び外壁の張替えを全て行うと約300万円
②ガス、上下水道の修復及び機器取替え工事で約200万円
という見積が算出されました。

これはプロにすべての改修を依頼した場合で、セルフビルドの割合を増やせば工事費は圧縮できる可能性があります。また住宅としてだけでなく、アトリエやギャラリーとして利用するならば台所、風呂など住居設備に費用はかけなくて済ませることができるでしょう。
「古い家を借りて、自分で改修して住みたい」「家賃を抑える代わりに自分で改修したい」という人に提案いたします。内覧希望の方は、津屋崎ブランチまでご連絡お待ちしております。

内覧希望の方

①氏名②住所③メールアドレス④緊急連絡先⑤(簡単に)この家でしたいことを明記の上、
メールアドレス3.jpgまでメールをお送り下さい。

空き家改修について

津屋崎千軒には空家が多くあり、その中には築100年以上の古民家も存在します。ところがその多くは不動産屋で扱われない物件で、その主な理由は改修費が高くなることなど諸事情により人が住める状態ではないことです。
私たちのプロジェクトでは、改修前から住みたい人をマッチングさせ、一軒一軒家主さんと交渉を重ねながら改修に取り組んでいます。
多少時間がかかっても改修した古民家に住みたい方、以下のフォームにあなたの希望をご記入ください。希望に沿う物件が出次第ご連絡差し上げます。

家の様子 クリックで拡大

宮司縁側の家 (42).JPG
この家の特等席、縁側。差し込む光があったかいです

宮司縁側の家 (79).JPG
入り口。庭木を整理すれば家屋まで見渡せます

宮司縁側の家 (78).JPG
玄関。たくさんの「ただいま」「おかえり」が交わされました

宮司縁側の家 (51).JPG
入ってすぐの6畳間から庭を眺める

宮司縁側の家 (61).JPG
4畳半。ここの部屋の押入れは収納だけでなくディスプレイ棚として使えるかもしれません

宮司縁側の家 (62).JPG
3畳板間。4畳半から台所へ抜ける道でもあります。

宮司縁側の家 (66).JPG
光が差し込む台所

宮司縁側の家 (39).JPG
タイル張りのお風呂が懐かしい

宮司縁側の家 (71).JPG
納戸。天板がはげている部分があります

宮司縁側の家 (54).JPG
外壁。木が痩せて隙間風や雨を通す部分があります