「本当の暮らし・働き方・つながり」を実現する、進化する地域おこしプロジェクト。2009~∞

DSC00406.JPG
19回目を迎えたよっちゃん祭でのワンシーン。まるでドラマの様な現実に胸が一杯になるのです。
過去の出会えた風景へLinkIcon


交流イベント情報です。自主企画・イベント協力など、ボチボチ愉しくやっています。

まわしよみ新聞@みんなの縁側 王丸屋

まわしよみ新聞をご存じですか?

みんなで持ち寄った様々な社会・ジャンルなど新聞から気になった記事を切り抜き、意見交換をしながら切り抜きで一枚の全く新しい新聞を作るワークショップです。

DSC_0323.JPG

まわしよみ新聞ってこんなです。

1.当日の新聞に目を通して、面白いと思う記事を3つ切り取る。
2.4人一組で、なぜその記事を切り取ったのかについて発表しあう。
3.模造紙にレイアウトし、タイトルや挿絵を書く。
4.回し読み新聞完成

DSC_0354.JPG

4月5日(火)から毎週火曜日9時30分〜11時30分まで津屋崎ブランチで続けてきましたが6月14日(火)からは場所を新たに地域の人々の交流の場をつくっている「みんなの縁側 王丸屋」にて開催しています。

対話と作業を通して、誰かと、何かを、もうちょっと深く、あるいは幅広く、知ってみたい方におススメです。

縁側のスペースでゆるりとおしゃべりを楽しみながら語り合い、作っていきたいと思いますので、ぜひぜひ、お越し下さい。

○日時 6月28日(火) 9時30分〜11時30分(進捗次第ではもう少し早く終わります)毎週火曜日 9時30分~11時30分
○場所 福岡県福津市津屋崎4丁目11-15
※場所がわかない方はご案内をしますので9時30分までに津屋崎ブランチにお越しください。
 津屋崎ブランチ(福岡県福津市津屋崎4丁目15-17)
 ※詳しくはアクセスをクリックしてください。 


○参加費 200円
○定員 15名
○主催 津屋崎ブランチ


持ち物: 新聞一部 (種類問わず。メジャーなものでも、ローカル紙でも、可)

「みんなの縁側 王丸屋」の紹介
13388821_1192961840796784_137140862_o.jpg
…その昔、旅館や燃料店を営んでいた築140年の古民家を、みんなが楽しめてのんびりできるスペースとして只今完全不定期オープン中。

担当:福井崇郎(4月1日からスタッフになった新人です。よろしくお願いします)

福津プチ起業塾 スタートです!
〜仲間をつくろう、きっかけをつくろう〜
(受付を締め切りました。)

チラシout.jpg難しい事業計画などを作るわけではありません。月に数万円の稼ぎがあればいいな、趣味を活かして地域を元気にしたいな・・そんな思いを叶えます。
大切なのは、発想力と仲間力と行動力。新たな参加者の皆さんと、プチ起業塾の卒業生の皆さんとで交流を深めながら、小さな起業をするためのスキルとセンスを学んでいきます。
講師 山口 覚氏
定員 最大15名程度
参加費 1,000円/回
主催 津屋崎ブランチ

第1回目テノ森
6月4日(土)※終了しました。
13:30~17:00(開始は13時30分に変更になりました)
「好きなこと×社会にいいこと」で起業
・都会型の発想をやめてみる
・成功するプチ起業の法則を見つける

第2回目ブランチ
6月16日(木)※終了しました。
18:30~21:00
好きなことをカタチにしてみる
・一緒にできる仲間を探そう
・仲間と一緒に行動計画を立てよう

第3回目ブランチ (定員に達したため受付を終了しました)
6月30日(木)
18:30~21:00
3回転3回ひねりのビジネスモデルづくり
・着想は平凡に、組み合わせは大胆に
・Xデーを決める

実践に向けてのサポートも行います。
次回の福津プチ起業塾は2017年1月に実施する予定です。
プチ起業塾チラシ.pdf


「住もう!」と思ったその日が吉日。住めば旅の日常化が実現します。



津屋崎への移住をお手伝いする、"新しい"町の不動産屋さん。
津屋崎の暮らしの楽しみ方をご紹介し、家探しから、リノベーション、住んでからの顔つなぎまでをサポート。
津屋崎に住んでみたいなと思っているあなた、ぜひ一度ご覧あれ。

LinkIcon「暮らしの問屋のHP」へ

シェアする暮らし、始めます

津屋崎を舞台に、仕事や生活の場をシェアすることを愉しむ仲間を募集します。

ワーキングスペースシェア

4_R.jpg
私たちスタッフの活動拠点「津屋崎ブランチ」。自らの活動の枠を広げるために津屋崎ブランチに専用デスクを持って仕事をしたい!という仲間を募集します。あなたの現在の仕事をベースに「新しい'カタチ'の暮らし・働き方・つながり」を実現したいという方を待っています。

詳細はこちら


小さな経済がたくさん生まれれば、まちは元気になります。あなたもぜひプチ起業を!

1000gen用.png
「紡ぎ屋」
津屋崎ブランチスタッフ都郷による、聴き書き本づくりをはじめとし、対話のある暮らしから生まれたものを社会への「贈り物」として届けます。

DSC_0184.jpg
看板屋「さんぽみち」
福津市に住む女性が立ち上げた手作りの看板屋。値段は要相談、出来上がった時が納期。「つやざきじかん」の中で一つひとつ丁寧に作られます。散歩中つい足を止めて見てしまう、素敵な看板を作成します。

DSC_0302_R.JPG
日替わり店長さんの店「Cafe&Gallery古小路」
紅茶屋、手作りパン、スープ屋、おにぎり屋、カフェ、食堂など、毎日屋号が変わる店です。福津プチ起業塾の卒業生を中心に、週に一度、月に一度くらいならという趣味の延長上でほっこり開店しています。ここにくれば津屋崎暮らしを垣間見ることができます。

DSC_0297_R.JPG
買い物代行「筑前代行サービス」
高齢化し独居老人が増えていく現状の中、「生まれ育ったまちのために役に立ちたい!」と起業をした松尾兄弟。スーパーまで行くのが遠い、力仕事が難しくなったという声に答えます。ワーゲン風の軽自動車にイケメンが乗っていたらぜひ応援の声を!

DSC_0407_R.JPG
ギャラリー&お菓子屋「ぎゃらりぃ畦」
週末に家族で営む古民家のお店。旧唐津街道にある宿場町跡「畦(あぜ)」の町並みの一角で、こだわりぬいたケーキやジャムを販売したり、ギャラリー展示をしています。

DSC_0060_R.JPG
観光馬車「むなかた乗馬クラブ」
のんびり、ゆったり、宮地嶽神社や津屋崎千軒を馬車が運行しています。津屋崎で乗馬クラブを営むオーナーが「まちの活性化のために馬車を走らせたい」との夢をついにかなえました。

DSC_0374.jpg
準備中!
外国人生活サポートプロジェクト
福津市の奥座敷、津屋崎を、外国人が初めて日本での生活を始める前にステイしてもらい「第2のふるさとづくり」というプロジェクトをゆっくりと計画中です。コンパクトな生活圏とおすそ分けが飛び交う人付き合いの良さを体感してもらい、楽しく日本暮らしに適応できるサービスを提供する予定です。

uminoie.jpg
模索中
海の家活用プロジェクト
夏の繁忙期以外は閉まっている海の家。残りの10ヶ月間の有効利用が出来ないかなぁという呟きから企画をスタート。福津市の奥座敷として癒しの交流の場にしようというプロジェクトを模索しています。

RIMG0579.jpg
構想中
「親戚倶楽部」
「親戚づきあい」をキーワードに都会の人と農漁村の人の繋がりを作り出すプロジェクト。まずは小さくやってみようと、農家の方と構想中です。

◆スタッフブログ◆


津屋崎でのまちづくりに対するメッセージをぜひお寄せ下さい。津屋崎ブランチの掲示板に掲示する他、内容によっては当事者に届けさせて頂きます。

メッセージはここをクリックLinkIcon


のんびりとほっこりと津屋崎の日常を不定期便のメルマガに乗せてお伝えします。ぜひ、下記よりご登録下さい。

お名前 メールアドレス

イスキアバナー.jpg

バナー横(小)-04.png

HP河野邸ロゴ-16.png

津屋崎ブランチワールドカフェ講座バナー.png



この町に移住した人、暮らしている人を紹介

今回は「まちの小さな仕事たち」に登場した山川健さんをご紹介。

紹介ページへ


新しいまちづくりの学校.jpg
新しいまちづくり・・これまでのまちづくりの概念を払拭した「新発想のまちづくり」を共に学び、実践するネットワークをつくる学校です2012年10月、2年ぶりに開講します
tachiarai_bnr02.jpg.jpg
津屋崎ブランチの弟分として生まれた大刀洗ブランチが運営するタチヨリドコロ
HPブックトレード・カフェビルボード.png
サタデーブランチから生まれたコンテンツ。お気に入りの本を数冊持ち寄って語りあい「トレード」するワークショップです。


津屋崎が好きです。地域の中で楽しく働き、共に成長したいと考えています。






バナー2.jpg
宮地浜の海岸沿いに建つカフェ。津屋崎から福間の海岸を一望できます。定期的にライブやワークショップが開催されて、まちに新しい風を送っています。